妊婦や授乳中の方がえがおの青汁満菜を飲まない方が良い2つの理由

野菜のエキスを手軽に摂取できるということで、青汁を健康法として採用している人も多いです。いろいろなメーカーから青汁が販売されていますが、えがおの青汁満菜は中でもネットなどで人気を誇ります。えがおの青汁満菜が人気の理由ですが、安全性の高さにあります。

 

まず原材料ですが、10種類の有機野菜や化学肥料を使っていない大麦若葉、長命草などが使われています。しかも有機野菜ですが、JASの厳しい基準をクリアした、きわめて安全性の高い食材を使っています。このほかにも原材料になる野菜は、品質検査を入念に行って素材を厳選しています。ですから安全性が高く、安心してユーザーも飲めるわけです。

 

製造している工場も国内です。日本は工場の基準が世界的に見てもかなり厳しいと言われています。その厳しい基準をクリアした工場で製造しているのも、消費者によっては安心できるポイントといえます。

 

飲んではいけない人も

上で紹介したように、きわめて安全性が高く品質に優れた青汁なので、普通の健康状態の人であればだれでも飲めます。しかし例外もあって、えがおの青汁満菜のパッケージに使用を控えるべき人が書かれています。ワーファリンなどの薬を常用している人や持病があって通院中の方、食事制限のある方などは主治医と相談の上で摂取することとしています。そしてもう一つ、妊婦さんや授乳中の方、乳幼児の使用は控えるように書かれています。

 

持病を抱えている人は、万が一の事態も想定できるので医者と検討するのはわかるでしょう。しかし妊婦さんや授乳中のママさんが飲んではいけないというのは、意外と感じる人も多いかもしれません。その理由として、大きく2つの事情が関係していると言われています。

 

妊婦の体は敏感である

普段は別に大丈夫なのに、妊娠中にいろいろな体の異変が起きたという経験のある女性は多いでしょう。これは妊娠に伴い、通常とは違ったホルモンバランスになっていることが関係しています。通常よりも妊娠中は体が敏感になっているといえます。このためえがおの青汁満菜の有効成分に、過敏に体が反応する恐れがあります。それが母体、ひいては胎児に悪影響をもたらす可能性もあります。

 

えがおの青汁満菜の中には、抹茶や緑茶成分が配合されています。抹茶や緑茶には、カフェインが含まれています。このカフェインですが、通常であれば代謝を上げる働きがあり、ダイエットなどの効果を引き出すと考えられています。しかし不眠などの効果もあって、妊婦さんや授乳中の人が摂取するとそれがより強く表れる恐れがあります。妊娠しているときにはカフェインゼロの飲み物だけを口にする人も多いです。

 

データがない

えがおの青汁満菜を妊婦さんや授乳中の人におすすめできない理由として、データがないことも関係しています。えがおの青汁満菜のメーカーでは、妊婦さんや授乳中のママさんに対して飲用試験を実施していません。ですから子供に与える影響に関して、客観的・科学的な根拠を持ち合わせていないのです。

 

冒頭に紹介したように、安全性には万全の配慮をしている青汁です。このため、おそらく妊婦さんや授乳中の方が摂取しても問題はないでしょう。しかし確約はできないので、万が一のことも考えて飲まない方が賢明といえます。

えがおの青汁満菜


さっそくえがおの青汁満菜を購入する!


えがおの青汁満菜の公式サイトはこちら